バスフィッシング専門店 越谷タックルアイランド・バスにようこそ!
▼ メーカーメニュー
・ 福袋
・ ロッド
・ リール
・ リールパーツ
・ ライン
・ フック
・ シンカー
・ 小物
・ ボックス
・ バッグ
・ その他用品
・ ステッカー
・ ボート用品
・ アパレル
・ サングラス
・ DVD・本
・ アイランドオリジナル
・ アカシブランド
・ アーボガスト
・ アイマ(ima)
・ アクアビット
・ アンクルジョッシュ
・ A.H.P.Lマッディーバニー
・ アンプカ(UMPQUA)
・ 一誠(issei)
・ イズム(ism)
・ イマカツ(IMAKATSU)
・ ウィップラッシュ ファクトリー
・ ウォーカーウォーカー
・ ウォーターランド
・ ウッドリーム
・ エコギア
・ エバーグリーン
・ MPB LURES
・ エンジン(ENGINE)
・ ONプランニング
・ オーエスピー(O.S.P)
・ カッツバディ
・ ガイア
・ 開発クランク
・ 霞デザイン
・ カハラジャパン
・ ガンクラフト
・ ギークス(GEEKS)
・ キラーヒート
・ クワイエットファンク
・ ゲーリーヤマモト
・ ケイテック
・ ゲットネット(GETNET)
・ ゲンキ(GENKI)
・ コーモラン
・ コッパースフィッシング
・ ザウルス
・ ザクトクラフト 
・ ザップ(ZAPPU)
・ ザ・プロフェッサーフィッシングサービス
・ サワムラ
・ ジーク(Zeake)
・ ジークラック
・ ジーンラルー(GeneLarew)
・ 6th Sense
・ シグナル
・ シマノ
・ ジャクソン
・ ジャッカル
・ ジャンプライズ
・ スタンフォードベイツ
・ スタンレー
・ スティールハント
・ ストック
・ ストーム
・ ストライクキング
・ スナッグプルーフ
・ スプロ(SPRO)
・ スミス
・ スミスウィック
・ セイコー(SEIKO)
・ Zファクトリー
・ ゼットビーシー(ZBC)
・ ダイワ
・ ダミキジャパン
・ 椿研究所
・ 常吉
・ 釣り吉ホルモン
・ T.Hタックル
・ ディスタイル(DSTYLE)
・ ティムコ(TIEMCO)
・ テッケル
・ デプス(DEPS)
・ デュエル(DUEL)
・ デュオ(DUO)
・ テンフィートアンダー
・ テンプト
・ ドランクレージー
・ トリニティカスタムベイツ
・ ニコルズルアー
・ ニシネルアーワークス
・ ニッコー化成
・ ニッチベイト(NITTI BAIT)
・ ノーマン
・ ノイケ(NOIKE)
・ ノリーズ
・ ハイフィン(HI-FIN)
・ バークレイ
・ バイオベックス
・ ハイドアップ(HIDEUP)
・ バスロア
・ バリスタ
・ バレーヒル
・ ハンクル(HMKL)
・ フーターズ
・ ファットラボ
・ フィッシュアロー
・ フィールドサイド
・ フェイズアップ
・ フライヤーズ
・ ブラックマリア
・ フラッシュユニオン
・ プロズファクトリー
・ フロッグ(FROG)
・ ペイチェックベイツ
・ ベイトブレス
・ ヘドン
・ ベベル(Bevel)
・ ベル(BEL)
・ ボーマー
・ ボトムアップ(BOTTOOMUP)
・ ホプキンス
・ ボンバダアグア
・ マドネス
・ ミブロ(mibro)
・ メガバス(Megabass)
・ モリックス(Molix)
・ ヤバイブランド
・ ユニバス(UNIBASS)
・ ラッキークラフト
・ ラパラ
・ ランカーハント
・ リアクションイノベーションズ
・ リトルジャック
・ リューギ
・ リプライ
・ レイドジャパン
・ レイン
・ ロイヤルブルー
・ ロボワーム
・ ワンスタイル
・ 大会エントリー
・ チケット

お電話でのご注文はこちら

▼ フリーページ


ホームDVD・本青木大介DVD 青木大介 SERIOUS14 シリアス14 【2018JB TOP50参戦記 1st&2nd STAGE編 】
▼ DVD 青木大介 SERIOUS14 シリアス14 【2018JB TOP50参戦記 1st&2nd STAGE編 】

■DVD-160分

第1戦 愛媛県 野村ダム(朝霧湖)
第2戦 茨城県 北浦

日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本シリーズ。
2017年シーズンは自身3度目となる年間タイトルを見事手にし、名実ともに日本のトップトーナメントアングラーに上り詰めた。そこで青木が決断したのは「2018年シーズンを最後にアメリカのトーナメントにチャレンジする」というものだった。つまり、今シーズンがTOP50最後の参戦となる。
第1戦は愛媛県の野村ダム。2年前に開催されたときは2日目に大失速を喫し、決勝で盛り返すも15位でフィニッシュ。フィールドの規模が小さく船団ができやすい状況を苦手とする青木にとって、この時期の野村ダムはまさに鬼門といえた。そして迎えた本戦。やはり初日から苦戦を強いられ、まさかの結末に――。
 初戦の大ブレーキを取り戻すためにも絶対に外せない第2戦の舞台は茨城県北浦。大荒れのなか予選13位とやや微妙な順位で決勝に挑む。これ以上順位を落としてしまうと年間タイトル連覇がはやくも絶望的となるなか、闘志を燃やす青木にスタート直後、予期せぬ悲劇が襲う。
 日本のトーナメントトレイルで躍動する青木の姿が見納めとなる今シーズンの序盤戦を見逃すな!



    • この商品について問い合わせる
    • この商品を友達に教える
・ 販売価格
3,800円(税込4,104円)
・ 購入数




大特価 ラインコーナー