バスフィッシング専門店 越谷タックルアイランド・バスにようこそ!

▼ メーカーメニュー
・ 大会エントリー
・ 福袋
・ ロッド
・ リール
・ リールパーツ
・ ライン
・ フック
・ シンカー
・ 小物
・ ボックス
・ バッグ
・ その他用品
・ ステッカー
・ ボート用品
・ アパレル
・ サングラス
・ DVD・本
・ アイランドオリジナル
・ アカシブランド
・ アーボガスト
・ アイマ(ima)
・ アクアビット
・ アチック
・ アンクルジョッシュ
・ A.H.P.Lマッディーバニー
・ アンプカ(UMPQUA)
・ 一誠(issei)
・ イズム(ism)
・ イマカツ(IMAKATSU)
・ ウィップラッシュ ファクトリー
・ ウォーカーウォーカー
・ ウォーターランド
・ ウッドリーム
・ エコギア
・ エバーグリーン
・ MPB LURES
・ エンジン(ENGINE)
・ ONプランニング
・ オーエスピー(O.S.P)
・ カッツバディ
・ ガイア
・ 開発クランク
・ 霞デザイン
・ カハラジャパン
・ ガンクラフト
・ ギークス(GEEKS)
・ キラーヒート
・ グランパ
・ クワイエットファンク
・ ゲーリーヤマモト
・ ケイテック
・ ゲットネット(GETNET)
・ ゲンキ(GENKI)
・ コーモラン
・ コッパースフィッシング
・ ザウルス
・ ザクトクラフト 
・ ザップ(ZAPPU)
・ ザ・プロフェッサーフィッシングサービス
・ サワムラ
・ サムルアーズ(sumlures)
・ ジーク(Zeake)
・ ジークラック
・ ジーンラルー(GeneLarew)
・ 6th Sense
・ シグナル
・ シマノ
・ ジャクソン
・ ジャッカル
・ ジャンプライズ
・ スタンフォードベイツ
・ スタンレー
・ スティールハント
・ ストック
・ ストーム
・ ストライクキング
・ スナッグプルーフ
・ スプロ(SPRO)
・ スミス
・ スミスウィック
・ セイコー(SEIKO)
・ Zファクトリー
・ ゼットビーシー(ZBC)
・ ダイワ
・ ダミキジャパン
・ 椿研究所
・ 常吉
・ 釣り吉ホルモン
・ T.Hタックル
・ ディスタイル(DSTYLE)
・ ティムコ(TIEMCO)
・ テッケル
・ デプス(DEPS)
・ デュエル(DUEL)
・ デュオ(DUO)
・ テンフィートアンダー
・ テンプト
・ ドランクレージー
・ トリニティカスタムベイツ
・ ニコルズルアー
・ ニシネルアーワークス
・ ニッコー化成
・ ニッチベイト(NITTI BAIT)
・ ノーマン
・ ノイケ(NOIKE)
・ ノリーズ
・ ハイフィン(HI-FIN)
・ バークレイ
・ バイオベックス
・ ハイドアップ(HIDEUP)
・ バスロア
・ バリスタ
・ バレーヒル
・ ハンクル(HMKL)
・ PHカスタムルアーズ
・ ヒート (HEAT)
・ ビーピーベイト (BPベイト)
・ フーターズ
・ ファットラボ
・ フィッシュアロー
・ フィールドサイド
・ フェイズアップ
・ FOLLOW(フォロー)
・ フライヤーズ
・ ブラックマリア
・ フラッシュユニオン
・ プロズファクトリー
・ フロッグ(FROG)
・ プロジェクトゼロ(PROJECTZERO)
・ ペイフォワード
・ ペイチェックベイツ
・ ベイトブレス
・ ヘドン
・ ベベル(Bevel)
・ ベル(BEL)
・ ボーマー
・ ボトムアップ(BOTTOOMUP)
・ ホプキンス
・ ボンバダアグア
・ マーズ(アルシアデザイン)
・ マドネス
・ ミブロ(mibro)
・ ミミックス ( MIMIX )
・ メガバス(Megabass)
・ モリックス(Molix)
・ ヤバイブランド
・ ユニバス(UNIBASS)
・ ラッキークラフト
・ ラパラ
・ ランカーハント
・ リアクションイノベーションズ
・ リトルジャック
・ リバー2シー
・ リューギ
・ リプライ
・ レイドジャパン
・ レイン
・ ロイヤルブルー
・ ロボワーム
・ ワンスタイル

お電話でのご注文はこちら

▼ フリーページ


ホームDVD・本雑誌・書籍つり人社【ザ・ギャンブルフィッシング】
▼ つり人社【ザ・ギャンブルフィッシング】
これ読んでる途中ですが”面白い”
バス物ではめずらしいHow to物じゃなくてノンフィクション。
読み始めるとついつい先が気になります、、、(スタッフ談)


日本人の知らない「もう一つのアメリカン・バスフィッシングドリーム」
“幻の世界記録”越えに挑む本場アメリカン・バサーたちの壮絶なノンフィクション


本書は“幻の世界記録”越えに挑む本場アメリカン・バサーたちの壮絶なノンフィクションである。
ラージマウスバスのIGFA公認世界記録は、22ポンド4オンス。ジョージア州の貧農ジョージ・ワシントン・ペリーによって1932年に達成された。

本書に登場する巨バスハンターたちは、全員がジョージ・ペリーの世界記録そのものを(IGFAが公認しているにもかかわらず)疑っている。検証しようにも記録は古く、当時を知る証人たちは本人を含めてすでにこの世を去った。彼ら=巨バスハンターたちが渇望しているのは、もちろん世界一のビッグバスをこの手で釣りあげることだ。しかし、達成のためには、ジョージ・ペリーの記録を破らなければならない。ジョージ・ペリーの世界記録に疑いを抱くほど、またそれを破ろうとあがくほどに、ペリーの記録は聖なるイコンと化していく。

世界記録バスの首に賭けられた800万ドルの賞金。名誉。栄光。妬み。陰謀。
ある者は世界記録の目前まで迫り、ある者は巨バスそのものを育成しようとし、またある者は国境を越えてまで巨バスを求めた。私財を投げ打ち、家庭を犠牲にし、人生のすべてを捧げて……陰ではいくつものインチキも横行した。

日本人によく知られたプロトーナメントのバスシーンとは異なる、「もう一つのアメリカン・バスフィッシングドリーム」にすべてを賭けた釣り人の壮絶なストーリーがここにある。



    • この商品について問い合わせる
    • この商品を友達に教える
・ 販売価格
1,900円(税込2,090円)
・ 購入数




大特価 ラインコーナー